スポンサードリンク

クミスクチン茶と腎臓病

クミスクチン茶は、腎臓病に効果があるといわれています。塩分の多い食事をするなど腎臓に負担の多い食生活をしていることで、日本の成人の8人に1人は、CKD(Chronic Kidney Disease=慢性腎臓病)と推測され、治療を要するレベルの人も600万人あまりも存在しているという報告があります。CKDの人は、健康な人に比べて約2倍の確率で心筋梗塞にかかるリスクがある、という研究もあります。



クミスクチン茶は、ミネラルのカリウムを多量に含んでいます。カリウムは血液や体液の水分貯蔵量を引き下げ、利尿効果があります。さらに血液や体液中の余分な窒素や塩分、老廃物を、尿とともに体外に排出する効果があることから、様々な腎臓疾患の改善に効能があるとされています。



また、急速進行性腎炎などで、急に腎臓の機能が低下する急性腎不全は適切な治療を行えば機能が回復する可能性がある一方、糖尿病や高血圧が原因であったり、なんらかの慢性の腎臓病が原因で腎臓の機能が徐々に低下する慢性腎不全の場合では、失われた腎機能が回復することはほとんどないといわれています。そして、腎臓の機能の80%が失われても血尿などの症状が現れることがないともいわれています。



クミスクチン茶を日常的に摂ることは、その利尿効果などによって、腎臓病の予防に効果をもたらすと考えられます。日本人は塩分過多の傾向があります。その塩分の排出を促し腎臓の負担を軽減するためには、クミスクチン茶は、手軽な健康茶といえます。
クミスクチン茶 最新一覧 By 楽天



クミスクチン茶の効能 / クミスクチン茶と高血圧 / クミスクチン茶と腎臓病 / クミスクチンと糖尿病 / クミスクチンと花粉症 / クミスクチンと利尿作用 / クミスクチン茶とにきび予防 / クミスクチン茶とダイエット効果


スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。