スポンサードリンク

クミスクチンと花粉症

クミスクチンが、花粉症などアレルギー症状の緩和に効果があるとされています。クミスクチンは、ロズマリン酸を含んでいます。ロズマリン酸は、シソ科の植物に含まれているポリフェノールの一種です。



クミスクチンが含んでいるロズマリン酸は、過剰になっている免疫反応を正常に戻し、ステロイド剤にかわる副作用のないアレルギー軽減物質として期待されています。強い抗アレルギー作用や抗炎症作用があるので、花粉症やアトピー性皮膚炎、掌蹠膿疱症、関節炎などの症状を改善する効果が期待されています。



ロズマリン酸は、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンの過剰な分泌を抑える働きがあるとされています。花粉症の鼻づまりなどの不快な症状を引き起こすのはヒスタミンが血清中に大量に流れ出すことによって、過剰な免疫防御反応を引き起こすからです。



それが目や鼻の炎症として現れたものが花粉症で、鼻の粘膜の分泌をさかんにして、くしゃみ、鼻水をだすなどの症状をもたらします。したがって、クミスクチンが含んでいるロズマリン酸によって、ヒスタミンの分泌を抑えることが、花粉症の症状の緩和になるといえます。さらに、この成分は生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する能力にも優れていることが注目されています。

クミスクチン茶 最新一覧 By 楽天



クミスクチン茶の効能 / クミスクチン茶と高血圧 / クミスクチン茶と腎臓病 / クミスクチンと糖尿病 / クミスクチンと花粉症 / クミスクチンと利尿作用 / クミスクチン茶とにきび予防 / クミスクチン茶とダイエット効果


スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。